理系が知っておくべきコミュニケーション能力の磨き方

誰とでも仲良くなれるように

こまめに報告をすること

上司とコミュニケーションを取る時は、まず何の話なのか結論を述べてください。 相手は、きちんと聞いてくれるはずです。 何が報告で、何が連絡で、どのような時に相談すれば良いのか理解しておきましょう。 ここを意識すれば、コミュニケーション能力を磨けます。

迷惑にならない時間帯

相談したことで、相手に迷惑をかけないように注意してください。 迷惑な時に話しかけると、自分の印象が悪くなってしまいます。 相手の仕事がひと段落している時に伝えることで、きちんと話を聞いてもらえます。 また伝えたい内容に応じて、いつ伝えるべきなのか変わります。

どの方法で伝えるのか

コミュニケーションを取る時は、口頭で話すことと電話、さらにメールといった手段があります。 その時に応じて、適切な方法を選択するとコミュニケーション能力を磨けます。 まずは、それぞれの方法にどのようなメリットがあるのか理解しましょう。 それぞれの特性を理解することで手段が選びやすくなります。

何についての話なのか

他人とうまくコミュニケーションを取る時は、報告、連絡、相談を大事にしてください。
報告、連絡、相談を疎かにすると情報を共有できず、仕事に悪影響を与えてしまいます。
特に上司に仕事のことを伝える時は、最初に報告なのか連絡なのか、それとも相談なのかを伝えましょう。
相手もそれに応じて、話を聞いてくれます。
仕事でわからないことが出た時は、自己判断せず上司に相談してください。
聞くことを恥ずかしがっていると、一生わからないままになってしまいます。

また円滑なコミュニケーションには、話しかける時間も大事です。
自分の都合だけを考えていると、相手にとって迷惑な時間に話しかけてしまうので注意してください。
相手が忙しくない時間にすることはもちろん、電話をする場合は夜の遅い時間帯や早朝は避けましょう。
仕事上のミスがあったは、その日のうちに伝えることを心がけてください。
ミスの報告が送れると対処できなくなったり、お客さんに悪印象を与えたりします。

報告や連絡、相談をする時の方法も考えておきましょう。
口頭で直接伝えたり、電話やメールを使ったりする方法がありますが、その時に合わせて使い分けてください。
早く相手に伝えなければいけない時や、大事な連絡は口頭やメールで伝えるのがおすすめです。
メールは相手に読まれたり、返信が来たりするまで時間が掛かります。
読まれるまでに時間はかかりますが、メールの場合はいつ送っても相手に迷惑を掛けないというメリットがあると覚えておきましょう。

TOPへ戻る