>

こまめに報告をすること

一番初めに伝えること

長々と説明しても、上司はわかってくれません。
上司は上司で、やらなければいけない仕事があります。
説明内容がまとまっておらず、ただ長いだけの話は迷惑だと覚えておきましょう。
円滑に上司とコミュニケーションを取るためには、簡潔にまとめることを心がけてください。
大きなポイントは最初に報告、連絡、相談のどれなのかを伝えることです。

3つの内容は似ていますが、細かい意味が異なります。
例えば最初に報告だと伝えることで、上司は仕事の進み具合の話だと想像できます。
話が伝わりやすくなり、簡潔な内容でも十分理解してくれるでしょう。
このように、相手にわかりやすくシンプルに伝えることが、コミュニケーション能力を磨く方法です。

言葉の意味を理解しよう

どのような時に報告や連絡、相談という言葉を使えば良いのか調べていきましょう。
まず報告は、仕事の進み具合や結果を伝える時に使う言葉です。
自分の現状を上司に知らせる時に、報告をしてください。
報告することで上司が状況を把握し、その上で次はどうすれば良いのか指示を出してくれます。
連絡は、事実を述べる時に使ってください。
この時は、自分の意見を言う必要はありません。
仕事をした後の結果やミスをした時、休みの情報なども連絡に含まれます。

最後は相談ですが、迷っている時に使われることが多いです。
判断が難しく、自分だけでは結論が出ない時に上司に相談し、アドバイスをもらってください。
判断が遅れると仕事に影響を及ぼすので、早めに相談しましょう。


Share!
TOPへ戻る