>

迷惑にならない時間帯

おすすめの時間帯

上司に伝えなければいけないことがあっても、すぐに行かないでください。
まずは上司が、忙しくしていないか確かめましょう。
相手の都合を考えずに話しかけると、仕事の邪魔をしてしまいます。
仕事を中断させることになれば作業効率が低下しますし、常識を持っていない人だと思われます。
自分の印象が悪くなるので、これから円滑なコミュニケーションを取ることはできないでしょう。

上司に電話をする時は、深夜や早朝は控えてください。
その時間帯は、大抵の人が寝ています。
どんなに緊急の連絡でも、相手が休んでいる時間に電話をすることはいけません。
余程の緊急時でない限りトラブルが夜に起こってしまってもすぐに伝えず、翌日の相手が起きている時間帯に電話することをおすすめします。

ミスをしてしまった時

現場に上司がいない時に、ミスが起こることがあります。
ミスを報告するのは怖いかもしれませんが、隠し通すことは絶対にできません。
早めに伝えなければ、被害が大きくなってしまうこともあります。
被害が大きいほどお客さんに迷惑をかけることになり、会社全体の評判が悪くなるので気を付けてください。

ミスした場合の連絡は、他の連絡よりも早くすることを意識しましょう。
ミスを伝えることで上司から怒られるかもしれませんが、対処法も教えてもらえます。
今回のミスを教訓にして、2度と同じようなミスを起こさないように意識してください。
ミスが起こったら、2日以内には上司に伝えましょう。
それ以上遅れると対処が難しくなり、ミスを隠していたと誤解されてしまいます。


Share!
TOPへ戻る