>

どの方法で伝えるのか

自分の声で伝えよう

すぐ近くに上司がいて、忙しくしていない様子だったら口頭で報告や連絡、相談をしてください。
相手の顔を見ながら、自分の声で伝えることで相手は理解しやすくなります。
すばやくその場でコミュニケーションを取れるというのも、口頭で伝える手段のメリットです。
現場に上司はいないけれど、すぐに伝えなければいけないことがある場合は電話を使ってください。

電話は相手の顔が見られませんが、自分の声で直接伝えられるという面は口頭で話すことと変わりません。
いつでも連絡できるように、上司の連絡先を早めに聞いておきましょう。
今はスマートフォンで、テレビ電話ができます。
顔を見ながらゆっくり話したい場合は、テレビ電話を使うと良いですね。

メールで伝える際のメリット

口頭で伝えたり、電話をしたりする場合はタイミングを見計らうのが難しいです。
迅速に伝えられるのはメリットですが、タイミングを間違えると相手との関係性が悪くなってしまうこともあるのを忘れないでください。
手段の1つとして、メールを使いましょう。
メールは、相手が都合の良い時間に見て返信できます。

早朝や深夜に送った場合でも、迷惑にならない面がメリットです。
メールは返信が来るまで時間が掛かりますし、相手がなかなかメールを読まないことが考えられます。
緊急の連絡をメールですることは控えましょう。
それほど重要ではないけれど、上司に伝えたいことがある時に、メールを選択するのが良い方法です。
手段を考えることも、コミュニケーション能力の向上に繋がります。


Share!
TOPへ戻る